草原の上に小さなクリアの地球儀

世界と日本では違う避妊に対する教育

世界では避妊に対する意識が高いと言えます。というのも幼いころから性教育がしっかり身についているからだと言われています。

しかし日本人は性に関して情報不足と言われています。日本では学校で女性や男性の体の仕組みを知るのにポルノ雑誌などで情報を得ていると言われているそうです。

確かに私も学生時代に細かく教えてもらったことはないし、女性は女性の体の仕組みは教えてもらうものの男性の体に対してはヤンワリとしか教えてもらった記憶しかありません。

でも避妊をしなくては自分を守ることができませんよね。また学校ではコンドームの装着方法は教えてくれても、女性主体の避妊法教えてくれても細かな使用方法までは教えてもらうことはなかったでしょう。

私も正直ピルに関しての記憶にないです。その原因は女性が主体となるアフターピルなどのピル系が日本で販売されていないからだと思います。

なぜ日本でピル系の避妊薬が販売されていないのか

草原の上に小さなクリアの地球儀
じつは日本でもアフターピルなどのピル系が販売はされているのです。しかしながら店頭では医師の処方箋が必要になってきます。

またピルは避妊の成功率がコンドームよりも高いことから体へのリスクが心配されていることや、日本の薬事法で規制されているため許可なく店頭販売することが禁止されているのです。

また、アフターピルの場合は医療保険が効かないために高額で購入しなくてはいけないという問題もあります。

通販購入は犯罪なの?

通販ではアフターピルを安く購入することができます。しかし「法律違反では?」という声が聞かれます。

しかし、アフターピルは海外販売ということもあり海外から輸入するということです。その場合個人輸入という形になり、通販会社は仲介役ということになるのです。

個人輸入の場合は法律違反ではないのです。しかし、法律に引っかかってしまうことがあります。

それは他人との売買をしてしまうことは違法なので気をつけましょう。しかし自分で使用する分には問題はありませんので、安心して利用できます。